VTトレーダーの内部では簡単にインディケターが使えるように工夫されています。簡単に言うと移動平均線のプログラミングが下記のたった一行のみで行えるというものです。

例:MA:=mov(C,10,S);

今までプログラミングが苦手という方でも簡単に設定できるでしょう。VTトレーダーのユーザー定義関数の設定方法は下記の通りです。

1.設定したトレーディングシステムのラベルで「トレーディングシステムの編集」を押下して下さい。

トレーディングシステム編集

2.タブの「公式」を押下して左下の赤枠【fx】を押下すると一覧が出てきます。青枠は選択したユーザー定義関数に何を入れるか表示しています。movの例を参考にしてください。
※インディケーターの入力を参考にすると何を入れるかわかると思います。 VTtrader関数