為替取引を始める前に心を落ち着かせる「言葉の処方箋」で今日一日を楽しく過ごそう。 取引するには心の準備が必要です。少しでも心が落ち着くように、少しでも取引が成功するように、ほんの少し時間を使ってみませんか?そして為替の声を聞きましょう。 NHKモタさんの言葉というものがあります。絵本の読み聞かせ形式で「心の名医」のメッセージを伝えます。心にしみいる「言葉の処方箋」で、元気と勇気が湧いてくる5分間です。 NHKモタさん
NHKモタさん

為替取引をするために為替の声を聞いてみよう

為替取引をするために為替の声を聞くにはどうすればいいのでしょうか?
耳をすませる(アラートを設定する)、為替チャートを見る、指標からにおいを感じ取る等あると思いますが、なかなかピンとこない時がありますよね。

そんな時は、水平ラインを引いてみましょう。

時間は例えば、7時、15時、23時の終値に線を引きます。

そして、そのラインを上抜けたりした抜けたりしたら取引をするという方法です。

水平ラインを引いたら、水平ライン上で右クリックしてアラートの設定をすると交差した時にアラーム(声)を出すことができますが状況は下記の7つから選択することができます。

<状況>
・価格とし低レベルの交差
・価格がし低レベルを下抜け
・価格が指定レベルを上抜け
・価格>指定レベル
・価格<=指定レベル
・価格<指定レベル
・価格<=指定レベル

その他に緑の枠のアラートではアラートのタイミング、回数、音、コメントを選択および入力ができます。

HorizonAlert1
HorizonAlert

Vトレのワンポイントアドバイス

ラインを引く描線ツールでは同じように交差した時アラームを出すことができます。

為替取引をするために為替の声をシステムトレードにしてみよう

まずはトレーディングシステムビルダーから「ニュー」を選択して下記をスクリプトに貼り付けてください。
{Trend Sample Program} _CurrentHH:=hour();
_CurrentMM:=minute();
_Currenthhmm:=(_CurrentHH * 100) + _CurrentMM;
_Trend07:= _Currenthhmm=0700 :
_Trend15:= _Currenthhmm=1500 :
_Trend23:= _Currenthhmm=2300 :
inPrice07:=valuewhen(1,_Trend07=1 ,O);
inPrice15:=valuewhen(1,_Trend15=1 ,O);
inPrice23:=valuewhen(1,_Trend23=1 ,O);
JPT:=SignalFlag(_Trend07,_Trend15);
UKT:=SignalFlag(_Trend15,_Trend23);
NYT:=SignalFlag(_Trend23,_Trend07);

{Define Final Trade Entry/Exit Criteria}

LongEntryCond1:= Cross(C,inPrice07) and JPT=1;
LongEntryCond2:= Cross(C,inPrice15) and UKT=1;
LongEntryCond3:= Cross(C,inPrice23) and NYT=1;
ShortEntryCond1:= Cross(inPrice07,C) and JPT=1;
ShortEntryCond2:= Cross(inPrice15,C) and UKT=1;
ShortEntryCond3:= Cross(inPrice23,C) and NYT=1;

次に出力でinPrice07、inPrice15、inPrice23を作成してください。

そして、名前タブでインディケーター出力にチェックしてください。「インディケーター出力」タブをクリックして線色を決めて表示位置を「価格枠」にして「OK」を押下してください。

New-Trading-System

New Trading System

出力にLongEntryCond1、LongEntryCond2、LongEntryCond3、ShortEntryCond1、ShortEntryCond2、ShortEntryCond3を作成します。

次に、名前タブで「グラフ表示」と「アラート可」にチェックします。

次にグラフタブでシンボルとサイズと色とシンボルの表示位置を選択して「OK」を押下します。 次に、アラートタブをクリックして、アラートメッセージとAlert soundを設定して「OK」を押下してください。

New-Trading-System2

New Trading System2

最後にスクリプトタブを選択して保存するとNew Trading Systemとして保存されますので、チャート上で設定してみてください。緑枠はスクリプトの全文です。

New-Trading-System3

New Trading System3

まとめ

為替取引を始める前に心を落ち着かせる「言葉の処方箋」で今日一日を楽しく過ごせそうでしょうか?

取引するには心の準備ができたでしょうか?

少しでも心が落ち着き、少しでも取引が成功する助力になったでしょうか?

ほんの少し時間を使ってどうだったでしょうか?

そして為替の声は聞けたでしょうか?

そもそもなぜ7時、15時、23時としたかというと8hローソク足に合わせたことと、日本時間、イギリス時間、ニューヨーク時間に一番近いと判断したからです。

もしこの時間がご自身に合わないようならご自身でカスタマイズしてみてください。

取引手法としては理にかなっていると思いますが、欲張らずにリミットとストップをしっかりと決めて取引することが大切です。VTなら同じ通貨と同じ時間足を2つ並べることも可能です。


ご紹介したトレーディングシステムです。
下記から右クリックで保存して下さい。

New Trading System