Standard Deviation

書式:Stdev (DATA ARRAY, PERIODS, TYPE, DATA ARRAY 2)

指定されたPERIODSのデータ配列の定義済みのStandard Deviationインディケーターを計算します。TYPEとデータ配列2の設定は任意です。

有効なTYPEはSIMPLE(S/単純)、WEIGHTED(W/加重), EXPONENTIAL(E/指数平滑), SINE WEIGHTED(SW/正弦加重), TRIANGLE(TRI/三角),END POINT(EP/時系列), とVOLUME-ADJUSTED(VOL/出来高加重)になります。

例:Stdev (Close,4,S,Close) = Stdev (C,4)
Stdev (Close,4,S) = Stdev (C,4) {DATA ARRAY = DATA ARRAY2}

公式:_StandardDeviation:=Stdev(Close,4,S,Close);

StandardDeviation

DL:StandardDeviation

書式:Stdev (DATA ARRAY, PERIODS, TYPE, DATA ARRAY 2)は下記の式よりStandard Deviationを計算します。

4期間のStandard Deviationインディケーターはまず、4期間のSimple Moving Average(単純移動平均)を変数4PeriodMAで指定し、Moving AverageとClose Priceの差を4期間分だし、その結果の2乗根をすべて加算します。最後にトータルの平方根を計算します。

4PeriodMA:= Mov(Close,4,S);
_StDev:= Sqrt((Power(4PeriodMA-Close,2)+Power((4PeriodMA)-Ref(Close,-1),2) +
Power((4PeriodMA)-Ref(Close,-2),2)+Power((4PeriodMA)-Ref(Close,-3),2))/4);

VTトレーダー関数一覧に戻る