FAMA

書式:Fama(DATA ARRAY, ALPHA MAXIMUM LIMIT, ALPHA MINIMUM LIMIT)

John Ehlers氏より定義済みのデータ配列のFollowing Adaptive Moving Averageを計算します。John Ehlers氏の論文によると、FAMAのアルファ値は最大値から最小値まで変動できると発表しています。

推奨されるALPHA MAXIMUM LIMIT(アルファ値最大限度)は0.5、またALPHA MINIMUM LIMIT(アルファ値最小限度)は0.05とされています。

Following Adaptive Moving AverageはMESA Adaptive Moving Average(MAMA)のアルファ値の1/2を使用し、計算されたMAMAです。これにより、Following Adaptive Moving AverageはMESA Adaptive Moving Average(MAMA)と時刻同期するのにステップが必要となりますが、上下移動は軽減されます。

例:Fama(Close,0.5,0.05)は推奨されるFollowing Adaptive Moving Averageのデフォルト値を使用し終値に適用されます。

公式:_Fama:=Fama(Close,0.5,0.05);

Fama

DL:Fama

VTトレーダー関数一覧に戻る