Commodity Channel Index

書式:CCI (DATA ARRAY, PERIODS)

データ配列のPERIODS Commodity Channel Index (CCI)を計算します。Donald Lambert独自のロジックをベースに定義済みのCCIインディケーターを計算する関数です。データ配列の設定は必要ありませんが、Typical Price(TP()/(高値+安値+終値) / 3)以外のデータ配列の使用を希望する場合は必要となります。
公式:_CommodityChannelIndex:=CCI(C,14);

CCI

DL:CommodityChannelIndex

Typical Priceを使用する場合は下記の様にデータ配列の記載は必要ありません。
書式:CCI (PERIODS)

関数:CCI(DATA ARRAY, PERIODS)は下記の式により、期間20を使用したCCIインディケーターを計算します。

{ Typical Price }
vTp := (H + L + C) / 3;

{ Typical Priceの単純移動平均 }
vTpma := Mov(vTP, 20, S);

{VTトレーダーのプログラミング言語にはループ構造が備わっていないため、Mean Deviation(平均偏差)を算出するためのループ文を書きだす必要があります。}

{ Mean Deviation }
vMd20 := (Abs(vTpma - vTp)
+ Abs(vTpma - Ref(vTp, -1))
+ Abs(vTpma - Ref(vTp, -2))
+ Abs(vTpma - Ref(vTp, -3))
+ Abs(vTpma - Ref(vTp, -4))
+ Abs(vTpma - Ref(vTp, -5))
+ Abs(vTpma - Ref(vTp, -6))
+ Abs(vTpma - Ref(vTp, -7))
+ Abs(vTpma - Ref(vTp, -8))
+ Abs(vTpma - Ref(vTp, -9))
+ Abs(vTpma - Ref(vTp, -10))
+ Abs(vTpma - Ref(vTp, -11))
+ Abs(vTpma - Ref(vTp, -12))
+ Abs(vTpma - Ref(vTp, -13))
+ Abs(vTpma - Ref(vTp, -14))
+ Abs(vTpma - Ref(vTp, -15))
+ Abs(vTpma - Ref(vTp, -16))
+ Abs(vTpma - Ref(vTp, -17))
+ Abs(vTpma - Ref(vTp, -18))
+ Abs(vTpma - Ref(vTp, -19))) / 20;

{ CCI の値とチャート上へのCCI出力 }
vCCI := (vTp - vTpma) / (0.015 * vMd20);

VTトレーダー関数一覧に戻る