ボリンジャーバンドって知っているようであまりわからないなと思っている方にできるだけボリンジャーバンドについて詳しくそしてより使いやすくするために書いていきます。色々な使い方があると思いますが、これからボリンジャーバンド2種類についてそもそも何?から始めていきたいと思います。

ボリンジャーバンドが今回のテーマ

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャー・バンドは1980年代後半にジョン ボリンジャーによって考案され、価格が『標準偏差』の『正規分布』に従うという仮定のもとで、分析に統計学の概念を盛り込んだ指標で、多くのトレーダーに利用される代表的なテクニカル指標の1つです。 ボリンジャーバンドは3つの特徴があります。それは、価格変動の方向性を見つけること、価格変動の転換点を見つけること、価格が1方向に大きく変動する起点を見つけるの3つの点が特徴です。

Vトレのワンポイントアドバイス

ジョン ボリンジャーはボリンジャーバンドについて下記のことを述べています。 ボラティリティの減少によりアップバンドとダウンバンドの幅が縮小した後、急激な価格変動が起きることがあること(別名"the Squeeze")、価格がアップバンドとダウンバンドの外側に飛び出した場合には、その時のトレンドが続く可能性があること、アップバンドとダウンバンドの外で生成されたボトムとトップに続いて、アップバンドとダウンバンドの中でボトムとトップが生成された時には、トレンドの反転を示唆すること、ミドルバンドとアップバンドとダウンバンドは同じ方向に動く傾向があること。


ボリンジャーバンドは、統計学にある標準偏差と正規分布の考え方に基づいた指標です。標準偏差は高校や大学受験の偏差値ですが、二つとも同じ考え方に基づいて計算されています。 標準偏差というのは、ある期間の価格が期間の平均値からどれぐらいバラツイているか、分散しているかを示すものです。どういうことかというと標準偏差を用いて相場の変動幅は相場の変動が大きく動く時にはバンドの幅が広く、逆に相場があまり動かない時にはバンドの幅が狭くなるということです。 ボリンジャーバンドは価格の大部分を覆うように3本のバンドで構成され、中央のバンドはミドルバント、上のバンドはアップバンド、下のバンドはダウンバンドと呼ばれます。一般的には「20期間単純移動平均線(SMA)」を利用し、アップバンドは『+2標準偏差(σ=2)』、ダウンバンドは『−2標準偏差(σ=−2)』を設定することが多く、上下バンド内の価格正規分布確率は。±1σに収まる確率 = 68.26%、±2σに収まる確率 = 95.44%、±3σに収まる確率 = 99.73%になります。

ボリンジャーバンドの売買判断

バンド形成時は価格が上下バンドに到達した(接近した)ときが売買サインです。 ・価格が上バンドに到達した時売りシグナル ・価格が下バンドに到達した時買いシグナル 相場の変動幅が大きく動く時には価格が上下バンドをどちらかに抜けたときが売買サインです。 ・価格が上バンドを上抜けた時買いシグナル ・価格が下バンドを下抜けた時売りシグナル

ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)の転換点

上バンドと下バンドの外で生成されたボトムとトップに続いて、上バンドと下バンドの中でボトムとトップが生成された時には、トレンドの反転と判断することもできます。

Vトレのワンポイントアドバイス

ボリンジャーバンドを使うときはトレンドを上昇トレンド、バンド、下降トレンドの3つに分けて使うと効率よく使えると思います。

ボリンジャーバンドの使い方

実際にトレードをする場合どのように使えばいいのでしょうか?CFDと為替取引を始めたばかりの人にもお勧めできる基本的な使い方は2つあります。バンド形成時は価格が上下バンドに到達した(接近した)ときに売買サインを出す方法と相場の変動幅が大きく動く時には価格が上下バンドをどちらかに抜けたときに売買サインを出す方法があります。

ボリンジャーバンドのBollinger Bands Breakout System

相場の変動幅が大きく動く時には価格が上下バンドをどちらかに抜けたとき、売買サインとしてシグナルが出せないかというと簡単にあるんです。チャート上で右クリックしてトレーディングシステムの追加で「Bollinger Bands Breakout System」を選択するだけです。 BollingerBandsBreakoutSystem
BollingerBandsBreakoutSystem

ボリンジャーバンドBollinger Bands Breakout Systemのスクリプト

{Bollinger Bands}
MB:= Mov(Pr,tPr,ma);
UB:= BBands(Pr,tPr,ma,D,0);
LB:= BBands(Pr,tPr,ma,D,1);

{Basic Entry/Exit Conditions}
LongEntryCond1:= Cross(C,UB);
LongEntryCond2:= BarsSince(LongEntryCond1=1)<=2;
LongEntryCond3_PCL:= If(LongEntryCond2=1 AND PriceConfirmation=1,valuewhen(1,Cross(C,UB),H),Null); LongEntryCond3:= Cross(C,LongEntryCond3_PCL);
LongSetup:= If(PriceConfirmation=0,LongEntryCond1=1,LongEntryCond2=1 AND LongEntryCond3=1); ShortEntryCond1:= Cross(LB,C);
ShortEntryCond2:= BarsSince(ShortEntryCond1=1)<=2;
ShortEntryCond3_PCL:= If(ShortEntryCond2=1 AND PriceConfirmation=1,valuewhen(1,Cross(LB,C),L),Null);
ShortEntryCond3:= Cross(ShortEntryCond3_PCL,C);
ShortSetup:= If(PriceConfirmation=0,ShortEntryCond1=1,ShortEntryCond2=1 AND ShortEntryCond3=1);

{Signal Long and Short}
LongSignal:= If(SDS=0,LongSetup=1,SignalRemove(LongSetup=1,ShortSetup=1));
ShortSignal:= If(SDS=0,ShortSetup=1,SignalRemove(ShortSetup=1,LongSetup=1));

※スクリプト全文は実際にスクリプトで確認ください。

ボリンジャーバンドのBollinger Bands Reversal System

バンド形成時は価格が上下バンドに到達した(接近した)とき、売買サインとしてシグナルが出せないかというと簡単にあるんです。チャート上で右クリックしてトレーディングシステムの追加で「Bollinger Bands Reversal System」を選択するだけです。
BollingerBandsReversalSystem
BollingerBandsReversalSystem

ボリンジャーバンドのBollinger Bands Reversal Systemのスクリプト

{Bollinger Bands}
MB:= Mov(Pr,tPr,ma);
UB:= BBands(Pr,tPr,ma,D,0);
LB:= BBands(Pr,tPr,ma,D,1);

{Basic Entry/Exit Conditions}
Long_OneBarFormation:= C>O AND C>LB AND L<=LB;
Long_TwoBarFormation:= C>O AND C>LB AND C>Ref(O,-1) AND Ref(C,-1)<Ref(O,-1) AND Ref(L,-1)<=ref(LB,-1);
LongSetup:= Long_OneBarFormation=1 OR Long_TwoBarFormation=1;
Short_OneBarFormation:= C=UB; Short_TwoBarFormation:= CRef(O,-1) AND Ref(H,-1)>=ref(UB,-1); ShortSetup:= Short_OneBarFormation=1 OR Short_TwoBarFormation=1;

{Signal Long and Short}
LongSignal:= If(SDS=0,LongSetup=1,SignalRemove(LongSetup=1,ShortSetup=1));
ShortSignal:= If(SDS=0,ShortSetup=1,SignalRemove(ShortSetup=1,LongSetup=1));
※スクリプト全文は実際にスクリプトで確認ください。

まとめ

取引を反対にする方法はこの2つスクリプトを比べて違う箇所を覚えると、取引を反対にしたい時は簡単です。ぜひ比べてみてください。

Vトレのワンポイントアドバイス
 
ご紹介したボリンジャーバンドを2つ表示させて、片方のシステムトレードのシグナルの色を変えて表示させておくと非常に見やすくなります。くれぐれもトレンドが3つあるということを考えてシグナルを選ぶことが重要です。