テクニカル分析は大きく分けて3つにわけることができます。一つはトレンド系で為替チャート上に表示されるものをいいます。

もう一つはオシレーター系で別のフレームに表示されるものをいい、そして後はBBC等のその他のものです。 トレンド系の代表的なテクニカル分析といえばは移動平均線、MACD(マックディー)、ボリンジャーバンドなどがありますがトレンド系のテクニカル分析は順張りで取引を追いかけていくのに適しています。

オシレーター系の代表的なテクニカル分析といえばRSI、ATR(アベレージ・トゥルー・レンジ)などがありますが、オシレーター系のテクニカル分析は一般的に買われすぎではないか、または売られすぎではないかというサインを見ることができます。つまりバンドで一定幅で細かく上下しているときに逆張りで取引するのに適していて、相場が一方方向に向かうトレンドの場合うまく機能しないというのがオシレーター系の特徴です。

ここでは基本的にVTTraderを使いながら説明していきます。 無料でダウンロードできますのでVTtraderをダウンロードしてください。

BBCは短期トレードでシンプルに取引のタイミングを掴みたいとか、短期トレードに適している取引のタイミングを目で判断したいこんな時に使用したい指標の一つです。BBC平均足とBBCローソク足で取引のタイミングを為替チャートで見ると常に相場が動く中でリアルタイムに知らせてくれるので非常に興味をそそられるでしょう。

BBCが今回のテーマ

BBCとは?

BBCには平均足とローソク足の2種類があります。 これらの特徴は単純明快で平均足、ローソク足の陽線と陰線が切り替わった時が取引のタイミングになります。

BBC平均足

為替チャートのタイプを平均足にしたとき、陽線から陰線になった時、陰線から陽線になった時が取引のタイミングです。
BBC平均足の買いシグナル 平均足がブル(陽線※)に切り替わった時 BBC平均足の売りシグナル 平均足がベア(陰線※)に切り替わった時 BBC平均足の転換点 平均足が陽線から陰線に切り替わった時 平均足が陰線から陽線に切り替わった時 BBC平均足の使い方 実際にトレードをする場合どのように使えばいいのでしょうか?為替チャート上で右クリックしてトレーディングシステムの追加で「Bull / Bear Heikin-Ashi Candlesticks Reversal System」を選択するだけです。 BullBearHaCandlesReversalSystem
BullBearHaCandlesReversalSystem

BBCローソク足

為替チャートのタイプをローソク足にしたとき、陽線から陰線になった時、陰線から陽線になった時が取引のタイミングです。 BBCローソク足の買いシグナル ローソク足がブル(陽線)に切り替わった時 BBCローソク足の売りシグナル ローソク足がベア(陰線)に切り替わった時 BBCローソク足の転換点 ローソク足が陽線から陰線に切り替わった時 ローソク足が陰線から陽線に切り替わった時

BBCローソク足の使い方

実際にトレードをする場合どのように使えばいいのでしょうか?為替チャート上で右クリックしてトレーディングシステムの追加で「Bull / Bear Heikin-Ashi Candlesticks Reversal System」を選択するだけです。 BullBearJapaneseCandlesticksReversalSystem
BullBearJapaneseCandlesticksReversalSystem

Vトレのワンポイントアドバイス チャートタイプは為替チャートの左下にあるタイプでロウソク足、ロウソク足、平均足、バー(始、高、安、終)、バー、ライン(クローズ)、ポイントアンドフィギア、練行足の8種類から選択できます。 ChatType

まとめ
BBC平均足は超短期的にどちらのトレンドになっているかを見ることができます。大きな流れと共に使ってみるのもいいかもしれません。